FC2ブログ
2020/09/25

腕時計は落としたら壊れる!!  知ってるかい? オメガ・スピードマスターがNASAの公式装備品になった理由は、(当時としては)頑丈だったからなんだぜ!

要するに昔のG-SHOCK



見た目や、性能よりも、頑丈さで、オメガ・スピードマスターはNASAの公式装備品になり、月面や宇宙開発で活躍した。

逆説的に言うと、普通の腕時計は脆くて弱いものだからである。


当たり前だった



腕時計は落としたら壊れる。
腕時計は落としたら壊れる!

当たり前だった。

それが、当たり前でなくなったのは、G-SHOCKの副作用だと考える。

アイスホッケーのパックがわりにしたり、ビルの上層階から落としたりしても壊れない。

でも、それは、「その腕時計がG-SHOCKだから」である。

他の腕時計に同じことを求められたら悲劇が起きる。

20200924203811641.jpg



腕時計は、基本的には壊れるものだ。

おもえば、スマホやタブレットだって、落としたら液晶はバキバキに割れる。
任天堂の各種ゲーム機は壊れにくいが、同業他社のゲーム機は壊れるのと同じだ。



ごく一部の例外が、一般ユーザーに、デファクトスタンダードだと誤認されたとき、悲劇が起きるのだ。

ユーザーの使い方が悪いのに、製品・製造者が悪者にされる。


かといって、販売店は、ユーザーの「善意」を、「信じて」、壊れ物なんて言わない。

というより、壊れ物なんて言ったら買ってもらえないから、ユーザーには「黙っている」!


結果として、メーカーは悪者にされ、不幸な腕時計が出来上がる。



他の物でもそうだ



大抵の物の耐久性・堅牢さも腕時計と同じことだ。

安物・粗悪品は、壊れやすい。
普及品になるにしたがって、良くなっていく。
しかし、高級品になっていくと、再び壊れやすくなる。


和服や靴を連想してもらえればいい。


もちろん、超高級品にも壊れにくさをうたうものはあるが、それはG-SHOCK同様に「壊れにくさ」をウリにしているからであり、そうでないものはやはり繊細だ。



<まとめ



腕時計は壊れ物です。
濡れても、落としても、ノーメンテナンスで何年も使っても、壊れるものです。

続きを読む

2020/09/24

「国内メーカーの弱さ」について、語りたい

日本の腕時計メーカーは、ブランド戦略が弱いといわれる


日本の腕時計メーカーは、常々、ブランド戦略・ブランディングが弱いといわれる。

※ここでいうブランド戦略とは、主に高級ブランドをいう。


たとえば、日本の三大腕時計メーカーの一つ、シチズンでは、
高級腕時計の定義を、10万円以上としている。

一方、高級腕時計雑誌「クロノス日本版」では、高級腕時計を100万円以上といっていた。


このことから、メーカーとメディアの「高級」には、10倍の開きがあるといえる。
どちらが良い悪いは、ここでは扱うつもりはない。
しかし、用語一つをとっても、国内メーカーの目指す高級と、国内メディアひいては高級腕時計ファン層との意識の乖離がわかる。


本稿では、ブランド戦略にとどまらない、国内メーカーの弱さについて語りたい。



1 体質面


大手腕時計メーカーの、というより、日本の企業全般として、「企業の論理」が優先されることが多いように見える。
その体質面からの弱さ。

つまり、本来の自由主義経済における株式会社とは、異なる、日本型株式会社である。
「株式会社」を名乗りながら、資本家の利益を最優先にしているのか疑問のある組織。

正社員なる謎の存在。
従業員という本来は部外者なのに、会社の内部の人間だと思い、
その中での立身出世のはてに、経営者に繋がる不自然なピラミッド構造。

純粋な能力よりも、社内での評価、社内での序列、同期との競争が重要視されてしまう。
成功しても、大して報われないのに、失敗すると、二度と浮上のチャンスもない。

結果、成功よりも失敗を恐れる組織になる。いわゆる前例踏襲主義になる。

加えて定期的な人事異動もあるから、短期的な成功をよしとして、長期的な成功は目指さない。

あるいは、国内同業他社との比較、対策を重視し、視野の狭いビジョンになる。



2 人材面


国内の企業は、基本的に人材難である。

学生の就職活動は「シューカツ」、いかに高いランクの企業から内定をもらうかのゲームに成り下がっているからだ。

結果、どんな業種・仕事内容かは、二の次になる。


もちろん、それ以前の高校大学の入試でさえ、偏差値の高さを、基準にしていたのだから、似たようなものである。

が、それによって起きるのは、慢性的な人材難だ。
人数はそろっていても、真の人材は少なくなる。

シューカツは乗り切っても、本質的に興味や愛着の薄い「正社員」の集まりになるからだ。
そんなことで、人の本来の能力が発揮できるとは思えない。



まとめると


体質面および人材面の問題を総合すると、
とても、諸外国特にスイス・ドイツ時計に勝てるはずがないとわかる。


我が国のメーカーがいくら、技術や価格での優位を推しても、

メーカー・ブランドの哲学や、情熱の面で勝てるはずがない。
起点・本質から負けるのでは、外面が整っていても勝てない。



数十年前、ある国内メーカーの社員が、「腕時計が趣味の対象になることを驚いた」という逸話があった。
今でも、それと大してかわらないのでは、と思う。
だって、会社も従業員もそう質的に変わっていないのだから。


スマートフォン・スマートウォッチの伸長により、腕時計は実用品としてよりも、趣味の品としての側面でないと生き残れなくなってきた。

今後、普通の日本的大企業が作る腕時計は、生き残れる目などないとさえ考えられる。

続きを読む

2020/09/23

ゴミみたいだと? 『人の腕時計を笑うな』リベンジ

人の腕時計を笑うな



Twitterで、
(個人所有グランドセイコーの画像つき投稿に対して)
「ゴミみたいな時計」との投稿があった。

さらに、続けて
「男なら ロレックスにしろよ おまえら」
という投稿まであった。



筆者にいわせれば、正直、この程度は、よくある「クソリプ※」にすぎないのだが……
※程度の低い返信(リプライ)


腕時計クラスタと呼ばれるTwitter上の腕時計ファンたちは、反応した。
過剰なほどに。


以前にも、「祖母からもらったG-SHOCKを同級生にけなされた」という別の男性の投稿に対して、
励ます投稿が殺到したことがある。


どうも、「人の腕時計をけなす行為」は、腕時計ファンを熱くさせるようだ。

まさに、人の腕時計を笑うな。



しかし、なぜ?


「SNS上で、他人にけなされるのなんて、ごく普通」のことだ。

今回の場合、
所有している時計を悪く言われるたのであって、人格攻撃ではない。
(「作っている時計」とも違う)


そこで、筆者が考えたのが2つの理由

1 腕時計ファンにとって腕時計は人格のように大切なものだから

あるいは、「付き合っている彼女の容姿をけなされた」ときの反応と似ているとでもいうべきか。

どちらにしても、腕時計ファン同士なら気持ちを共有しやすい。

愛着は決して否定されるものではない。


2 「同類だからこそ」の過剰反応
あるいは、腕時計ファンの心の中にある、恥ずべき?優劣の意識を指摘されるからか。

筆者は否定的であるが、各ブランド間の格付けを好む層も、腕時計ファンにはいる。

〇〇と△△では、〇〇のほうが、格上。といったように。

三大(五大)ブランド、雲上ブランドなどの言い方もだ。



そういうときには、「格付け」をもちだしておきながら、
都合の悪いときはマウントを否定し、下とされるブランドを擁護する……

ダサい。



まとめ


人の腕時計を笑うな。
ブランドの格付けはダサい。


続きを読む

2020/09/22

チープ○○○!?  〜チープ三浦 フランク三浦 FCQ-010レビュー〜

フランク三浦ガチャで入手した「チープ三浦」


今回は、チープ三浦 フランク三浦 FCQ-010をレビューする。

このチープ三浦FCQ-010は、先日の「フランク三浦ガチャ」という福袋的な商品(チープカシオ下画像右側とセットで、税抜990円)で入手したものだ。
20200919175425564.jpg


チープカシオは実売1000円程度、チープ三浦(画像左)は発売当初のキャンペーン価格が、2000円弱だったので、かなりのお買い得だった。


なお、チープ三浦発表時のニュースや、各種通販サイトではチープ三浦が日本製なる文言がみられるが、
今回レビューした個体の、本体またはパッケージ等に原産国表記は何もなかった。

しかし、どこ製であろうと、お買い得であったことは強調したい。


チープ三浦


前面
20200920060742283.jpg



フランク三浦らしい文字盤、針。
202009200608015ae.jpg



尾錠はプラスチック。
尾錠もベルトも、質感はチープカシオよりさらにチープ。
キャンドゥの100円アナログよりは上というレベル。

20200920060813fdf.jpg



裏蓋
ケースに合わせたゆるやかな曲面。
すっきり、記載なし。
プラスチック製なので、金属アレルギーの不安が低い。
(ネジのみ金属だが、通常の使用なら肌にはふれなそうである)
202009200608250c3.jpg



竜頭
こちらもプラスチック。
大きめでデザイン性がある。
2020092006083835f.jpg



モノトーンに統一されていて、センスがよく見える。
20200920061600690.jpg



着用感も良い。
20200920061934ddc.jpg





愛用しているフランク三浦と、チープカシオとの比較


フランク三浦マカオよりは小ぶり。
20200920061655def.jpg


202009200617069a2.jpg


質感は最も劣るが、センスは悪くない。
しかし、運針の音がかなりする。
こちらも、キャンドゥの100円アナログに近い。




まとめ


シンプルで、使いやすそう。
防水性をうたってはいないか、日常生活防水程度はあるというし、実用性はある。
ビジネスにも(筆者なら)使える。



ただ、3500円程度の定価では買わなかったなと思う。

定価なら高すぎる……というのも本家チープ、チープカシオとも同様だなと思う。


続きを読む

2020/09/21

やはり腕時計のプラモデルがほしい!

日清カップヌードルのプラモデルが発売された



1/1(原寸大)スケールの日清カップヌードルのプラモデルが、バンダイスピリッツから発売された。

麺や具、カップの印字までプラスチックで再現した意欲作だ。


20200920053913bb5.jpg


それに触れて思うのは、やはり腕時計のプラモデルもほしいということ。


20200920053949fd8.jpg



バンダイスピリッツが、国内大手3社のどこかとコラボしてはくれないかと夢想する。

カップヌードルとは違い、原寸大にすると組み立てにくいので、2/1(2倍)または4/1(4倍)スケールではどうかと思う。

続きを読む

2020/09/20

フランク三浦の「ガチャ」後編

フランク三浦の「ガチャ」後編


前編はこちらから、
https://moonwatch.blog.fc2.com/blog-entry-262.html
Twitterに前編の更新通知を投稿したところ、フランク三浦公式から「いいね」がついたことは、明記しておく。


前回のあらすじ
フランク三浦の「ガチャ」なる福袋的な商品を一個注文してみた。
税抜990円。送料600円。


到着!


簡易な包装。
記載の品名からして、あまりレアな物は期待できない。
20200919175143b88.jpg


開封!


勝手に! 長男の手が伸びる!
20200919175239cfc.jpg


20200919175252fdc.jpg


20200919175303e1d.jpg


20200919175345369.jpg



チープ三浦&チープカシオ


チープ三浦とチープカシオだった。
チープカシオは型番LQ-142E-1A これだけで、千円以上する品だ。
20200919175425564.jpg


20200919175440a63.jpg


202009191754591c6.jpg



チープ三浦は、気に入った文字盤。
チープカシオは妻に差し上げた。


まとめ


約1700円だったフランク三浦ガチャ。
レアではなかったが、満足感はある。

続きを読む

2020/09/19

フランク三浦の「ガチャ」前編

フランク三浦の「ガチャ」



「天才時計師」でおなじみのフランク三浦から、ガチャが発売された。


【フランク三浦ガチャ】フランク三浦とチプカシのセット 何が出るかお楽しみ
1,099~327,800円(税込)

202009181756141be.jpg


http://tensaitokeishi.jp/shopdetail/000000000386/disp_pc/
(画像もフランク三浦公式サイトから転載)


一回、税抜き990円で、フランク三浦の腕時計とチープカシオがランダムに手に入るのだ。

そして、10連(SR確定)、20連(SSR確定)、300連(UR確定)までも選ぶことができる。
まさに、スマホゲームのガチャのような仕組みである。


ガチャ?



スマホゲームになじみのない読者諸兄に説明すると、

ガチャとは、玩具のガチャガチャのように、ランダムでゲームのキャラクターやアイテムを入手できる仕組みだ。
これが、課金と相性がよく、課金をすることで、数十回もガチャをすることができる。

そして、フランク三浦のガチャでも出てきた。
SR確定も、ガチャの仕組みそのものだ。

SR(スーパーレア)、SSR(スーパースーパーレア)、UR(ウルトラレア)といった強力なキャラクター等は、右に行くに従って強く、そしてなかなか出にくい。

ところが、確定がある場合は、決まった金額さえ払えば確実に入手できるので、課金を促す効果がある。


今回のフランク三浦ガチャに当てはめると、
チープ三浦よりも、レアだったり高価だったりするデッドストック商品が手に入る、と考えられる。



まとめ


フランク三浦ガチャ、チープカシオ一本でも1000円程度なので、さらにフランク三浦(最低価格はチープ三浦か)が付と考えるとお買い得である。

秋の夜長のお供にもぴったり……かもしれない。


筆者は、いさぎよく? フランク三浦ガチャに、一回勝負してみたので、
結果は追って知らせたい。

続きを読む

2020/09/18

「趣味なんだから、楽しく行こう?」

腕時計趣味楽しんでますか?


このブログをお読みの方の大半は腕時計趣味の方だと思う。


筆者は、腕時計趣味を楽しんでいる。



少ない予算を捻出して購入するだけでない。


通勤の電車内では他人の腕時計で目の保養をし

腕時計店では、目の保養に加えて、店員さんとの会話まで楽しみ

腕時計好きな知人と交流し


仕事で疲れたときには、左腕の腕時計に目を落として切り替える。


しまいには、息子たちに英才教育をしはじめるしまつだ。



しかし


ネット上の腕時計ファンの方々には、せっかくの腕時計趣味を楽しめていなそうな方もいて、かわいそうになる。


他人と比較したり

社内の目を気にしたり

売ってしまった腕時計をくやんだり


なんだか、自分自身をあえて不幸にしているのかとさえ思う。


そりゃ、お金が湧くほどあって、欲しいもの全部買えたらいいけど、
無い物ねだりしても、腕時計が増えるわけじゃないし。ついた傷が消えるわけでもない。


気楽に楽しもうよ、と言いたくてこの記事を書いた。

続きを読む

2020/09/17

2020年9月現在の当ブログの人気腕時計

2020年9月現在、当ブログの人気腕時計



アクセス、コメント、拍手、Twitterでの反応を含め、筆者が主観的に選ぶ、
このブログでの人気腕時計はこちらだ。


CASIO CA53W-1
20200915185402129.jpg


ブローバ アキュトロン スペースビュー
20200915185413677.jpg



両者とも、現在の高級腕時計の主流とは異なり、電池で動くタイプだ。

ただし、クォーツ式(デジタル)なのはCA53のほうで、
アキュトロンは音叉式である。


機能美


両者に共通しているのは、徹底した機能美である。


CA53は(カシオ計算機らしく?)電卓機能を搭載している。ボタンの多さはそのためだ。
飾りではない。


アキュトロン・スペースビューは、表側から内部構造を見せている。
すべての歯車や配線に意味がある。
機械式ともクォーツ式とも違う特殊な構造を堪能できる。



各所での活躍


カシオのCA53は、同型または旧型が、世界的に有名な映画に登場することでも知られる。
名作映画として知られる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ダークナイト』の両方に出ているのだ。

アキュトロン・スペースビューそのものには、あまりエピソードはない。
しかし、50年近く前の製品であるし、
広く音叉式として考えると、宇宙開発での採用や、
(復刻版以外での新作のない)絶滅した方式という面でロマンがある。



筆者にとっても


CA53は、チープカシオながら、ラバーベルトの装着感がよく、マラソンを走るときなどに愛用している。

アキュトロン・スペースビューは、息子たちへの教育用としても保管している。



まとめ


読者諸兄にとっては、意外かもしれないが、
筆者にとっては納得の2つであった。

続きを読む

2020/09/16

2020年版CASIO EDIFICEのアルファタウリモデル

CASIO EDIFICEのF1コラボ


CASIOかレッドブルのスポンサーになって以来、
(スポンサードするチームがレッドブルのジュニアチームのトロロッソ/アルファタウリにスライドしたことはあったものの、)

例年CASIO EDIFICEからF1チームコラボが発売されている。


今年のアルファタウリチームには、
先日のイタリアGPで初優勝して男を上げたピエール・ガスリー選手(フランス人、過去に日本でも活躍)がいる。
そんなコラボ腕時計を入手するには、いい機会であろう。

特にガスリー選手は、自らのロゴに「GAS10」と、CASIOとよく似たものを使っている。
まさに、ガスリー選手が所属している現在は何かとチャンスなのである。
(レッドブルチームまたは他のチームに引き抜かれる可能性もあるし)

今年はこんな感じ


詳細は下記リンクの公式サイト参照のこと。



https://www.edifice-watches.com/jp/ja/collection/limited_edition/


202009141758192bb.jpg

(画像は上記サイトより転載)

例年よりも攻めの姿勢が見られるコラボになっている。

特に画像左側の腕時計EQB1100ATの方は、
ベースとなっている薄型のラグスポ系の新型EDIFICEの
色やロゴ変えだけでない。

ベゼルのカーボン化で、よりモータースポーツイメージを高めている。

それでいて、価格は通常版の定価6万円程度から約1万円増の7万円に収まっている。

アルファタウリチームのファンならずとも、CASIOファン、モータースポーツファンに、おすすめできる腕時計になっている。

続きを読む

2020/09/15

妖怪ウォッチにも、クリスタルガード・クロノアーマー

妖怪ウォッチ零式にクリスタルガード・クロノアーマー



先日、ジャンク品として入手した妖怪ウォッチ零式


入手以来、数回クリスタルガード・クロノアーマーを施工してみた。


202009131628571b3.jpg



全身
20200913162910fa3.jpg


中古、それもジャンク品だったので、もともとキズはあった。
ありがたいことに、元々、汚れはあまりなかった。

筆者が今まで指摘してきた洗浄効果はあまり発揮しようがなかったが、

なんとなく透明感や高級感がました印象である。

続きを読む

2020/09/14

大坂なおみ選手と、シチズンの腕時計

プロテニスプレイヤー大坂なおみ選手、2年ぶり2度目の全米オープン制覇



大坂なおみ選手が、2020年のテニスの全米オープン女子シングルスで優勝した。
2年ぶり2度目の快挙である。

大坂なおみ選手は、シチズンからスポンサードされている。

大坂なおみ選手着用モデルは、実際に、全米オープンの試合中でも使用されていた。

20200913194236748.jpg

画像は下記リンク(シチズン公式サイトより、転載)
https://www.citizen-e-space.com/fs/citizenwatch/CB1101-03L


この6万円程度の腕時計を、世界的なプロスポーツ選手が大舞台使うとは、ちょっと考えにくいが、真実である。



賛否あるスポンサード


ネット上の腕時計ファンからは、シチズンによる大坂なおみ選手へのスポンサードには賛否があった。


否定的な意見は、主に「その金があるなら〜」だ。

たしかにシチズンは近年業績が苦しい。
特に子会社の人員削減が話題になった時期や、
大坂なおみ選手の言動に良くも悪くも注目が集まるときには、その論調がみられた。



しかし、今回の快挙によって、広告効果は上がるだろう。

そもそも、人員削減等の縮小傾向を続けるだけでは、
業績が上向くはずがない。

スポンサードが名案かどうかは置いておいたとしても、
合理的な改善策をなくして、回復はありえない。

そして、景気や世相のおかげによる多少の回復では、世界中の競合腕時計ブランドに劣後するのである。


その意味では、昨今のシチズンの、様々な取り組みは面白みがある。

生き残りをかけた、次の一手にも期待したい。

続きを読む

2020/09/13

レコードとCD、機械式とクォーツ、そしてスマホ

趣味性



アメリカ国内で、レコードの売上が、CDを上回ったという。

音楽に関しては、オンラインでの配信が主流である。
スマホやタブレット等でいつでもとこでも簡単に安価に聴くことができる。

だから、レコードが大人気、というよりは、CDがとにかく売れない、と、解釈できる。


ただ、絶滅寸前だったレコードがCDよりも高い売上をあげる日がくるとは、思わなかった。

(レコードの方が情報量はCDよりも実は大きい。ただし、レコードはノイズが入るし、CDのほうがサラウンド機能に向いている。どちらが明確に上とはいえない)


機械式とクォーツ(とスマホ・スマートウォッチ)



ちょうど、レコードとCDの関係は、
機械式腕時計とクォーツ腕時計の関係にみえる。
そして、スマホ・スマートウォッチを含めても。


生き残りのキーワードは、強い趣味性だったり、体験的だったり、あるいはロマンとでもいうような、

数値で比較しやすい純粋な製品的な性能とは異なった部分に拠るのだろう。

多少の不便や、高価さは関係ない。
むしろ、便利で簡単で安く済ませるならスマホなどでよいのだ。


このブログでは、何度も何度も言っているが、趣味性の高さに尽きるのである。

続きを読む

2020/09/12

汎用っぽさの悪?

汎用?


セイコーの、腕時計のフォントは、どれも汎用っぽく見える。
高くても安くても、そこに、区別はないように見える。


グランドセイコーの○○周年の記念モデルも、
セイコーファイブやアルバ等の低価格帯も、
どれも、似たような、
パソコンの汎用フォント風だ。


だから、

安いものには、安心感。
高いものには、安物感。
となる。



結局のところ、ビジネスモデルとしては、
技術や高付加価値をアピールしたところで、
それらで高めたイメージを消費して、普及帯を売りさばく形になってしまうのではないか。


おそらく、中の人は考えてもいないだろうが。

続きを読む

2020/09/11

「普段使いできるのがほしい」

普段使い


ここのところ、腕時計販売店(コーナー)に行くことがあると、

筆者は、
「普段使いできるのがほしいです」
と、答えることが多い。


普段使い?


とはいえ、その人その人によって違う「普段使い」

ある意味、腕時計店員が私に、どんなものを勧めるのか、試しているところもある。


大抵は、

ステンレススチール製の、
あまり複雑な機構のないもので、
そのブランドのうち、比較的価格が、こなれているものを紹介される場面が多い。


そのあたりが、筆者にとっての「普段使い」だろうと、店員氏が思っているからだろうか。

もしくは、店員氏が紋切り型に誰に対してもそう言っているのだろうか。

筆者は内部事情を知り得ないので、これ以上は不明である。




ちなみに、ご存知の通り、筆者はクロノグラフを愛用することが多いので、
クロノグラフを普段使いとして勧められたら、うっかり予算オーバーでも買ってしまうかもしれない。



普段使い最強!



何回も言っているが、
あなたが腕時計ファンでなく、
かつ、人生で、もし一本だけ腕時計を選ぶなら、

ロレックスのオイスターパーペチュアルから、好みの文字盤のものを選べばいい。

と、今までは言っていたのだが、
この9月に新型が発表されたので、ちょっと簡単には入手しずらい状態なのが残念である。

続きを読む

2020/09/10

『腕時計、仕事用とプライベート用を分けるススメ』

気にすると気にしすぎる


職種・職場によっては、腕時計の選択に気を使うことがある。
腕時計には、装飾品としての側面があるから当然だ。



社内(規則、使用環境、上司、同僚)
社外(取引先、客)

との関係によって、選択肢が限定されることがある。


そもそも、規則上腕時計不可な職場もあれば、何でもOKまで幅広い。

例えば、肉体労働的な要素の強い職種では、G-SHOCKなどのタフな腕時計が推奨される。
一方、おかたい職種でスーツにG-SHOCKではカジュアルすぎる場合もある。


プライベート用のすすめ


筆者がおすすめしたいのは、
仕事用とプライベート用を切り離して考えることだ。

腕時計に多少なりとも、興味があるなら。



仕事用:職場の規則や人間関係を考慮したもの。
    概して無難で地味。

プライベート用:単に好みのもの。いくら派手でもいい。



完全プライベート用なんて、週に2日しか使えないとお思いかもしれないが、

男性の場合、結婚指輪以外の身につけるもので、
「週に2日も使うなんてかなり頻度が高い」とさえ言える。



腕時計の複数所有が始まったら、腕時計沼にはまることも大いにあるが、それはまた別の話である。

続きを読む

2020/09/09

腕時計サイト】シチズン FTS(ファイン・チューニング・サービス)【勝手にレビュー

カスタマイズできる腕時計


腕時計サイト勝手にレビュー

今回は、シチズンFTS(ファイン・チューニング・サービス)を取り上げる。


https://www.citizen-e-space.com/fts/index.html



腕時計サイト勝手にレビューでは、ここのところシチズンが多いが、
かといって、これも紹介しないのはフェアではないと考える。


シチズンFTSとは


先程のリンクを見ていただくとお分かりになると思うが、

腕時計をカスタマイズできるのだ。

もちろん、完全にゼロからというわけではなく、


上記サイトから引用すると、


FTSはケース、文字板、針、リング、バンドといったそれぞれのパーツを組み合わせることで、4万通りのスタイルを実現しました。


引用終わり

ということである。

具体的には、
シチズン・アテッサのAT8040というモデルの、ケース、文字板、針、リング等の色を選択し、バンドの種類も選べるというものだ。

通常のAT8040よりは割高になるが、より、自分の好みにあった腕時計を購入できる。



試しに



上記リンクからスマホでもカスタマイズできる。

202009081839299da.jpg

色々と、選択する。


プレーンな感じ
20200908184010efb.jpg


別料金の黒ケース、黒メタルブレス
20200908184029bb9.jpg



ケースだけ、黒も。(別料金)
202009081840538d4.jpg



革バンドも選べる。
(おしゃれだが、通常のメタルブレスと同料金なのは、少し残念)
202009081841240c5.jpg


20200908184210dc8.jpg



やってみて


カスタマイズは面白いし、購入しなくても、画像で確認できる。

しかし、あまりセンスのない筆者には、通常の市販品のほうが、かっこいいような気もする。
(安価だし)

カスタマイズできることも、面白いが、
腕時計デザイナーのセンスにはじめからまかせてしまうのも、結局はありだ、なんて思う。

続きを読む

2020/09/08

板巻でも、いいじゃない?

変わる価値観


筆者には、逆輸入の国内メーカーの腕時計を買うと、すぐにベルトを交換していた時期がある。

正確には不明ながら、5年以上前のことだろうか。


元々、セイコーやシチズン等の逆輸入系の比較的低価格な腕時計は、ベルトの品質があまり良くないものも多いので、
市販のベルトに交換するだけで、見違えることが多かったからだ。


そういう時計付属のメタルブレスは、
大抵、板巻ブレス(薄い金属板を巻いてブレスのコマをつくっているもの)で、やけに軽くて、しかもシャカシャカ(またはカサカサ)とこれまた軽い音がする。

筆者はそれが嫌だったから、このブログにも、「安っぽい」と何度も書いている。


しかし


けれど、ここの所、筆者が思うのは、
「安っぽいのも、いいな」
である。

例えば、このシチズンQ&Q
20200906162747337.jpg


GMT風のベゼルは固定だし、メタルブレスは板巻だ。

品質は数千円台の値段なりである。


でも、こういうのもいいなと思うのだ。


軽くて、気取らなくて、気楽。

肩肘張らない感じも良い。


食べ物に例えるなら


食べ物に例えるなら、まさに、ファストフードかカップラーメンだ。

そりゃ、食べたいときと場合もあれば、確実に適さない時と場合もある。

人によっては唾棄することもあれば、人によっては愛好の対象。


仕事の都合で、腕時計をしまま、何らかの体力をつかう作業があるとき、
雲上時計をしていては、キズが気になるし、あるいは、周囲の人に気を使わせるかもしれない。

これなら大丈夫。


使用場所が過酷だったり、紛失・盗難が怖かったりするときにも、
こういう腕時計の出番だ。


続きを読む

2020/09/07

「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」出るんだ!

ゲーム&ウオッチ復活


任天堂のゲーム&ウオッチ(ゲームウオッチ)がまさかの復活。

スーパーマリオブラザーズ35周年の記念だという。

20200906053232532.png

※画像は任天堂公式サイトより転載


若い方にはなじみが薄いだろうが、
「ゲーム&ウオッチ」は、任天堂の最初期の携帯型ゲーム機である。(ウオッチとはいうが、腕時計ではない)

(筆者はファミコンからの世代なので、ゲーム&ウオッチは、年上の人に使わせてもらったことがある、程度の感覚である)

詳細は下記公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/hardware/gamewatch/index.html

スーパーマリオブラザーズ、スーパーマリオブラザーズ2が収録されていて、さらに、ボールというゲームの3本が入っている。
画像の限りでは、スーパーマリオブラザーズとスーパーマリオブラザーズ2は、アレンジしたリメイクではなく、原作そのままに移植しているように見える。


ゲーム&ウオッチとはいうものの


ゲーム&ウオッチとはいうものの、基本的には、ほとんどゲーム機である。
(時計機能は、元々、おまけ)

しかし、今回のスーパーマリオブラザーズ版は、時計機能にも仕掛けがあるようだ。

「35種類の小さな秘密」ということだから、楽しみである。

諸元(公式サイトより転載)



サイズ:

縦67mm × 横112mm × 厚さ12.5mm

重量:

約68g

画面:

2.36インチ フルカラー液晶

時計機能:

USB Type-C™端子から給電中は常時表示が可能。

月差±30秒

気温25℃で使用した場合

内蔵バッテリー:

リチウムイオンバッテリー/USB Type-C™端子から充電

内蔵バッテリーの取り外しはできません。

バッテリー持続時間:

約3時間の充電で約8時間のゲームプレイが可能。

目安の時間です。本体設定や使用状況によって変化します


とはいえ



個人的な難点は一つ。
今のところ人気が出すぎ、先行予約が早くも受付終了になってしまったことだ。

期間限定生産とはいえ、数量はそこまで限定されていないはずだが、
多分、筆者のこと、一般発売のころには熱が冷めてしまう。

さて、どうなるか。

続きを読む

2020/09/06

0なのかØなのか   T0(ティー・ゼロ)コンスタントフォース・トゥールビヨン

かっこいい


2020年9月3日に発表された、セイコーの新型ムーブメント「T0(ティー・ゼロ)コンスタントフォース・トゥールビヨン(以下T0)」

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/special/T0-story/

202009040514254c6.jpg


20200904051438292.jpg

※画像は上記リンク(グランドセイコー公式サイトより転載)



ご覧のとおりの、超複雑機構のムーブメント

それでいて、かっこいい。

単にトゥールビヨンを使った腕時計ならば、現代においてはいくらでもある。
希少価値の低下とともに、価格も下がった。中国製なら数十万円から、スイス製でも数百万円から手に入る。


ただ、トゥールビヨンを、コンスタントフォースという仕組みと合わせたことは新しいそうだ。


なおかつ、
かっこいい。



技術がいくらすごくても、腕時計は身に付けるモノだ。

このムーブメントは、見た目がかっこいい。
正直に言って、新機構のうんちくはスパイスとして、本質はかっこいいかどうかなのではのさえ思う。


はたして、このムーブメントを使ったら、
どんな腕時計になるのか、興味深い。

続きを読む