FC2ブログ
2020/09/22

チープ○○○!?  〜チープ三浦 フランク三浦 FCQ-010レビュー〜

フランク三浦ガチャで入手した「チープ三浦」


今回は、チープ三浦 フランク三浦 FCQ-010をレビューする。

このチープ三浦FCQ-010は、先日の「フランク三浦ガチャ」という福袋的な商品(チープカシオ下画像右側とセットで、税抜990円)で入手したものだ。
20200919175425564.jpg


チープカシオは実売1000円程度、チープ三浦(画像左)は発売当初のキャンペーン価格が、2000円弱だったので、かなりのお買い得だった。


なお、チープ三浦発表時のニュースや、各種通販サイトではチープ三浦が日本製なる文言がみられるが、
今回レビューした個体の、本体またはパッケージ等に原産国表記は何もなかった。

しかし、どこ製であろうと、お買い得であったことは強調したい。


チープ三浦


前面
20200920060742283.jpg



フランク三浦らしい文字盤、針。
202009200608015ae.jpg



尾錠はプラスチック。
尾錠もベルトも、質感はチープカシオよりさらにチープ。
キャンドゥの100円アナログよりは上というレベル。

20200920060813fdf.jpg



裏蓋
ケースに合わせたゆるやかな曲面。
すっきり、記載なし。
プラスチック製なので、金属アレルギーの不安が低い。
(ネジのみ金属だが、通常の使用なら肌にはふれなそうである)
202009200608250c3.jpg



竜頭
こちらもプラスチック。
大きめでデザイン性がある。
2020092006083835f.jpg



モノトーンに統一されていて、センスがよく見える。
20200920061600690.jpg



着用感も良い。
20200920061934ddc.jpg





愛用しているフランク三浦と、チープカシオとの比較


フランク三浦マカオよりは小ぶり。
20200920061655def.jpg


202009200617069a2.jpg


質感は最も劣るが、センスは悪くない。
しかし、運針の音がかなりする。
こちらも、キャンドゥの100円アナログに近い。




まとめ


シンプルで、使いやすそう。
防水性をうたってはいないか、日常生活防水程度はあるというし、実用性はある。
ビジネスにも(筆者なら)使える。



ただ、3500円程度の定価では買わなかったなと思う。

定価なら高すぎる……というのも本家チープ、チープカシオとも同様だなと思う。






【ランキングサイト参加中!】
【バナーのクリックお願いします!】
↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




時計ランキング






関連記事

コメント

非公開コメント