FC2ブログ
HOME プロフィール

のん(moonwatcher)

Author:のん(moonwatcher)
腕時計が好き。

アナログもデジタルも好き。
安くても高くても好き。
手巻きも自動巻もクォーツで好き。
国産、タイ製、中国製、スイス製もみんな好き。
3針もクロノグラフもダイバーズも好き。
メタルブレスも革バンドもラバーバンドもNATOベルトも好き。
自分の腕時計も、他人がしてる腕時計も好き。

懐中時計も好き。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

お目が高い ~ 腕時計のブログ~

腕時計、みんな好き 高くても安くても 国産もスイス製もそれ以外も 機械式もクォーツも アナログもデジタルも ロレックスもオメガもセイコーもシチズンもフランク三浦も 大好き

【考察】クリスタルガード クロノアーマーに思う【価格 効果 批判と反論】

クリスタルガード クロノアーマーに関わる考察


昨日、使用した感想を書いた腕時計用コーティング剤、
クリスタルガード クロノアーマー。
今回はそれを取り巻く、様々な事象についての考察を書く。

結論としては、
クリスタルガードクロノアーマーは有効であること、
現時点ではクリスタルガードクロノアーマーに固有かつ有意な懸念材料はないことである。


1 価格の妙


クリスタルガード クロノアーマーは、3000円+税の3300円という価格である。
ユーザーは、社会人が大半の腕時計ファンだろう。
そんな我々にとっては、出しやすい価格である。


と、当時に、価格が安すぎないことが、妙であると考える。
普通、同じ品物なら安ければ安いほうがよさそうだが、
趣味の品やファッション等になると話は変わる。

もし、そのコーティング剤が、数百円単位だとすると、あなたの大切な高級腕時計(百万円以上)に試そうと思うだろうか?
類似商品は今のところ筆者は知らない。
しかし、趣味の世界では、多少の安さより、効果(感)と安心感の方が尊ばれるだろう。


2 効果


クリスタルガード クロノアーマーは、たしかに効果がある。

ただし、クリスタルガード クロノアーマーにとって、分かりやすく劇的な効果は、コーティング効果よりも、
むしろ、弱アルカリ性による洗浄効果だろうというのが、筆者の仮説である。

先日の記事でも書いたとおり、筆者の妻の腕時計など、汚れかくすみの沈着しているものの方が、効果を感じやすかったからだ。

そして、クリスタルガード クロノアーマーの評判を聞いて、
普段、「自身の腕時計を拭いたり、洗浄したりしなかった層」が恒常的に使ってみて、効果を感じているのではと思う。

つまり、今まで腕時計を放置していた人には、どんなコーティング剤、どんな洗浄剤でも、劇的な効果を感じられたのではとさえ思う。

そこに、上の1 価格で記したとおり、価格の妙が加わったので、一層人気を博したのではないか。

もちろん、継続的な使用による効果は期待できそうだが。

3 批判と反論


クリスタルガード クロノアーマーによるコーティングについては、批判がある。

①曰く、メーカーの推奨していない、ユーザーによる後付の加工はいかがなものか。
②曰く、オーバーホール受け付けてもらえるか
③曰く、腕時計に有害な経年劣化するのでは?

①についての反論
コーティングといっても、ごく薄いミクロの皮膜である。
それを「後付の加工」というかは、人によって受け取り方が違いそうであるので、言葉の使い方からして疑問である。

また、日頃、我々の腕時計が、我々の皮脂や垢、汗で、もっと分厚くコーティングされてしまっている!!(もちろん、汚れたままはメーカー非推奨)ことからすると、
むしろ、後付の加工?としては、かなりマシな方といえる。
つまり、懸念材料にはならないと考える。

また、メーカーは基本的にユーザーのするどんなことも推奨はしないはずだから、メーカーが推奨していないことは、あまり理由にならない。

②についての反論
筆者は試していないが、Twitterの報告では受け付けてもらえるようだ。
そもそも、①のとおりである。
また、オーバーホールに出す前に、しっかりと洗浄しないユーザーが多いのではないか?
ならば、やはりクリスタルガード クロノアーマーのほうがずいぶんマシであろう。
やはり、懸念材料にはならない。


③についての反論
クリスタルガード クロノアーマーの経年よる腕時計対する影響については、筆者にはわからない。
開発関係者も、まだ半年程度しか使っていないようだ。

しかし、ご存知のとおり、高級自動車向けのコーティング剤は、以前より使われている。
直射日光や風雨にさらされることの多い自動車で、自動車に対しての大きな問題がない。
(自動車のグラスコーティングの場合、施工価格の高さと、施工期間の長さがデメリットになる程度で、品質・劣化についてのデメリットはなさそうだった。ただし、小傷を消す効果は、こちらもやはり無いらしい)

だから、腕時計向けのコーティング剤で、そこまで問題があるとは考えにくい。

もちろん、自動車の外装とは違い、腕時計は普段、皮膚、皮脂、汗などの有機物と常に触れる。その場合の劣化については、筆者にはなんとも言えない。
しかし、通常の腕時計でも、皮膚、皮脂、汗などの有機物と触れ、劣化するのである。
これも、クリスタルガード クロノアーマー固有の懸念材料とはいえないだろう。



③の余談


なお、仮に、正確な経年劣化具合を評価するのであれば、

全く同じ腕時計を最低4本以上を用意して、
①デッドストック状態を、保つ
②クリスタルガードクロノアーマーを施工後、無使用
③クリスタルガードクロノアーマーを施工せずに通常の使用
④クリスタルガードクロノアーマーを施工後に通常の使用し、適宜施工

といった試験が必要になると思う。
期間は長ければ長いほどよいだろう。

さらに、「通常の使用」とざっくりではなく、
使用頻度は毎日か、隔日か、週に一回なのか、
使用環境は、水濡れ、皮脂や土砂汚れは、傷つきやすい使用環境か、など、細分化できるほうが望ましい。

しかし、そのような試験には、多大な労力、時間、金銭が必要だ。
しかも、試験のために、いつも同じ腕時計を使用し続け使けなければならないとしたら、大抵の腕時計ファンには苦痛でさえあろう。
つまり、環境面、心理面の双方から、このような試験は個人では実施できない。

ただし、SNS等により、多数の腕時計ファンの交流が可能になった。
つまり似たような使用環境での、コーティングの有無による比較はできなくはない。




まとめ


以上のことから、筆者はクリスタルガードクロノアーマーは有効で、現時点で明確な懸念材料はないと考える。
(もちろん、新たな追加情報があれば、この限りではない。)


今後の懸念は別にある


むしろ、腕時計に対するコーティングが、今後、一層流行したときが気になる。

おそらく玉石混交となり、劣悪なコーティング等の登場による腕時計および人体への影響があるだろう。
そのほうが、筆者には心配である。




【ランキングサイト参加中!】
【バナーのクリックお願いします!】
↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




時計ランキング

関連記事
スポンサーサイト



THEME:腕時計 | GENRE:ファッション・ブランド |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント